第2回研究集会

第2回研究集会を以下の日程で開催しました。

日時
2012年11月22日(木)、23日(金)
場所
千里山キャンパス 以文館 4階セミナースペース
テーマ
「アーカイヴズと知の再構築」
プログラム
第1日目 11月22日(木)
司会:沈国威
13:00 開会挨拶   松浦CSACセンター長
■研究発表  司会:沈国威

13:10~14:10 李雪涛(北京外国語大学教授、中国海外漢学研究センター副主任)
「關於中國文化海外傳播動態數據庫:以漢學研究特色庫為中心」

14:10~15:10 鄭文恵(台湾・国立政治大学中国文学系教授)
「研究型數據庫與觀念史數位人文研究」

15:20~15:50 内田慶市(関西大学外国語学部教授/CSAC研究員)
「近代欧米人中国語研究関連文献のアーカイヴズ化のためにー各種目録の整理から」

15:50~16:20 中谷伸生(関西大学文学部教授/CSAC研究員)
「耳鳥齋のアーカイヴズ」

第2日目 11月23日(金)
■研究発表  司会:内田慶市
10:00~11:30 林富士(台湾中央研究院歴史語言研究所副所長)劉錚雲(台湾中央研究院歴史語言研究所図書館主任)
「中央研究院歴史語言研究所數位資料庫簡介」

13:00~13:30 松浦章(関西大学文学部教授/CSACセンター長)
「近代東アジア海域の物流の一拠点:下関―『馬關物価日報』を中心に」

13:30~14:00 藤田髙夫(関西大学文学部教授/CSAC副センター長)
「関西大学蔵非典籍文字史料の整理と公開」

14:00~14:30 沈国威(関西大学外国語学部教授/CSAC研究員)
「観念史研究與語料庫:以近代関鍵詞「野蛮」為例

研究集会の案内(PDF)