CSACとは

 CSAC(シーザックと読みます)は、Center for the Study of Asian Cultures(アジア文化研究センター)の略称です。平成23年に文部科学省「私立大学戦略的研究基盤形成支援事業」の採択を承けて、そのプロジェクトを推進する母体として組織されました。関西大学は平成17年度にも文部科学省私立大学学術研究高度化推進事業の一つである学術フロンティア推進事業に採択されました。その際にもプロジェクト遂行組織としてCSACを立ち上げ、平成21年度までの5年間稼働していましたので、現在の組織は二代目にあたり、学内では区別のためにCSACⅡと呼ぶこともあります。
 現在のCSACのミッションは、東アジア文化研究の基礎となるさまざまな資料群のアーカイヴズ化です。具体的には、典籍・絵画・石刻・地図・新聞記事など、多様な形態と内容を持つ資料群を、人文学研究者の目線でデジタル・アーカイヴズとして構築することを目指しています。こうしたアーカイヴズ化は、国内外の諸機関で近年活発に行われるようになっていますが、その内容はもちろんのこと、規模やスタイルも実に多岐にわたります。CSACでは、特定の資料を網羅的に収集することよりも、資料の特性に応じたアーカイヴズの形を個別的に追求するとともに、文化研究資料全般に通底する共通の枠組を模索しています。
 CSACでは、3つのサブ・プロジェクト、すなわち本学所蔵典籍などコレクション資料のアーカイヴズ化を研究するサブ・プロジェクト①、国内外に散在する分散資料群のアーカイヴズ化を研究するサブ・プロジェクト②、地理情報とリンクした資料のアーカイヴズ化を研究するサブ・プロジェクト③が並行して動いています。これに加えて統括プロジェクトとして、より普遍性の高い資料論・アーカイヴズ論を検討し、同様のアーカイヴズ化事業を遂行する国内外の研究機関との連携をはかる試みも進めています。