第4回研究集会

漢字文献情報処理研究会主催、平成25年度日本学術振興会科学研究費助成事業・基盤研究B「情報化時代における中国学次世代研究基盤の確立」、関西大学アジア文化研究センターが共催で、以下のとおり第4回研究集会、2014年度夏期公開シンポジウムを開催しました。

日時
2014年8月2日(土) 13:00~17:30
場所
千里山キャンパス 以文館 4階セミナースペース
テーマ
「情報化時代における中国学研究基盤を考える」
研究発表
(1)学術情報共有プラットフォームとしてのCiNii 大向 一輝(国立情報学研究所・准教授)
(2)学術情報収集のスキルとインフラ整備 千田 大介(慶応義塾大学・教授)
(3)学術データベースの構築と公開 師 茂樹(花園大学・准教授)
研究集会の様子
研究例会の案内
(PDF)