池田 智恵(IKEDA Tomoe)

専門:中国近現代通俗小説


 近代中国では、近代文学として魯迅らを中心とした五四文学と「鴛鴦胡蝶派」と呼ばれた大衆小説とが生まれた。この大衆小説は人気を誇りながらも研究されてこなかった。そこでこの大衆小説がいかに前近代からいかに近代へと飛躍し、形成されたかについて考えており、現在は特に探偵小説に注目している。

関西大学学術情報システム
メンバー一覧へ戻る